児童扶養手当

概要

手当の支給要件を満たしている場合には、請求により手当を受けることができます。

各庁舎担当で必要書類等を確認のうえ、請求してください。

対象

手当を受けることができるのは、次のいずれかの条件にあてはまる児童(18歳到達後の最初の3月31日まで)を「監護している母」、「監護し、かつ、生計を同じくする父」、または「父母に代わってその児童を養育している方」です。

児童の心身に障害がある場合は、20歳未満まで手当が受けられます。

  1. 父母が離婚
  2. 父又は母が死亡
  3. 父又は母が重度の障害者(国民年金1級程度)
  4. 父又は母の生死が不明
  5. 父又は母から引き続き1年以上遺棄
  6. 父又は母が裁判所からのDV保護命令を受けた子
  7. 父又は母が1年以上拘禁
  8. 未婚の子
  9. 父・母ともに不明(孤児等)

手当が支給されない条件もありますので、詳細をご確認ください

備考

詳しくはこちらを御覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 こども課
電話:0277-76-0995

更新日:2017年03月24日