台風の時

台風は強風、強雨とともに接近します。屋外に出るのは危険です。気象情報を良く聞き台風がくる前に対策をとるようにしましょう。

台風への備え(屋外の備え)

ここがポイント!

  • 窓や雨戸はカギをかける。状況により外から板を打ち付けるなど補強しましょう。
  • テレビアンテナや庭木など風でとばされそうな物は固定しましょう。
  • 側溝や排水口は水はけを良くしておきましょう。
  • 塀の倒壊により被害が出ることがあります。普段から注意して必要なら補強したりしましょう。

台風への備え(屋内の備え)

ここがポイント!

雨戸をしたり、窓ガラスが割れたときに飛び散らないようテープを貼り対策をとっておきましよう。風で外からものが飛んでくることもあるのでカーテンをおろしましょう。

  • 非常用品をまとめて、すぐに持ち出しせるよう袋などに入れておきましょう。懐中電灯、携帯ラジオ(予備の乾電池も)、ローソク、マッチ、救急薬品、衣料、貴重品、非常用食料、携帯コンロなど、また強風の中を避難することもあるのでヘルメットなどもあると良いかもしれません。
  • 断水になることもあるので飲料水を確保する。トイレなどの生活用水を確保する。(浴槽に水を張るなど)
  • 停電が長引くと冷蔵庫のものが腐ることもあります。水や食料品は十分に備えておきましょう。

その他の備えと注意点

ここがポイント!

  • 学校や公民館など、日ごろから避難場所を確認しましょう。
  • テレビやラジオの気象情報に注意しましょう。
  • 危険な場所に近づくことはやめましょう。

避難する時の注意点

避難する時のポイント

  • 防災機関などから避難の勧告や指示があったら、すばやく避難しましょう。
  • 必ず火の始末をしましょう。
  • 両手は自由に使えるように、持ち物は最小限にして背中に背負うようにしましょう。
  • ヘルメットや帽子をかぶり、靴は底の厚い丈夫なものを履くようにしましょう。長靴は水が入ると歩きづらいので注意が必要です。

避難先でのポイント

  • 自分勝手な行動はつつしみましょう。
  • 台風情報や注意報・警報に注意しましょう。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課
電話:0277-76-0960

更新日:2017年03月14日