地震の時

日ごろからの地震の備え

いつ起きるか予測がつかない地震だからこそ、起きてしまった時に対応できるよう、日ごろから準備しておくことが大切です。

食堂・台所

  • 食器棚などは固定金具などで固定し、ガラス部分には、飛散防止フィルムなどを張りましょう。
  • 物を収納するときには重いもの、割れやすいものは高いところに乗せない。
  • ガラスなどが飛び散ったときにそなえて、厚手のスリッパを履く。

居間

  • 棚類は固定金具などで固定し、ガラス部分には、飛散防止フィルムなどを張りましょう。
  • 高いところから落下しないよう、テレビや花瓶は高い位置に置かないようにしましょう。額にも注意が必要です。
  • 照明器具などのぶら下がっているものは落ちないようにチェーンをつけるなどの対策が必要です。

寝室

  • 家具は壁につけ、固定金具で固定し、ガラス窓や障子を背にして置かないようにしましょう。
  • 家具は転倒しないように。2段式の家具は上下を固定しましょう。
  • 重いものやガラスケースなどを高いところに置かないようにしましょう。
  • 家具が倒れてきてもけがをしないよう、家具の配置と寝る位置を工夫しましょう。
  • 揺れでガラスが飛び散った場合を考えて、ベッドの横等に厚手のスリッパを用意しておきましょう。

屋外

  • ブロック塀などは倒れないよう必要なら補強しておきましょう。
  • ベランダの植木鉢などが落ちないようにしておきましょう。

その他

消火器はさびや変形のない良い状態のものをすぐに取り出せる場所においておきましょう。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課
電話:0277-76-0960

更新日:2017年03月14日