火災の時 その2

消火器の使い方と点検のポイント

消火器の使い方

  • 安全ピンを上に引き抜く。
  • ホースをはずして火元に。
  • レバーを強くにぎって噴射する。(放射距離は3mから5m程度)

使用上の注意点

  • 風上から使用する。
  • 熱や炎を避けるようにかまえる。
  • 火元にノズルを向け、火の根元を掃くように左右に振りながら噴射する。
  • 容器が変形したり、サビのひどかったりするものはすぐに取り替える。→(容器の破裂等により事故発生のおそれがある)

必ず点検を!

  • 消火器にも寿命があります。いざというとき消火器が使用できなくては意味がないので、日頃から点検を行いましょう。

ここがポイント!

  • 容器に変形や錆、腐食はないか。
  • ホースにつまりやヒビがないか。
  • 容器を軽く振って中の薬剤がサラサラと音がするか。

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課
電話:0277-76-0960

更新日:2017年03月14日